爪垢を除去するように心掛ける

爪を切る習慣は、爪垢が増えないようにするためにもとても有効です。爪垢は相当に悪臭があるので、僅かながらこの臭いが常につきまとうのは問題だと言えます。
これを除去するためには、爪が伸びきらないうちにこまめにカットするように心掛けるのです。足の爪は、手の爪に比べて数倍成長が遅いのですが、その分だけ爪を切る習慣が遅れがちになってしまいます。
この習慣を改善し、爪垢が溜まらないようにコントロールしていく生活習慣が望まれるのです。このように最初から雑菌が繁殖しないようにケアすることが体臭を予防することに最大の効果を発揮するようになるのです。